建築基準法の道路

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

建築基準法の道路について

建築基準法第42条第1項第1号 道路法の道路(国道、県道、市町村道等)で幅員4メートル以上のもの
建築基準法第42条第1項第2号 都市計画法や土地区画整理法などの法律に基づいて築造された道路で幅員4メートル以上のもの
建築基準法第42条第1項第3号 建築基準法施行時(昭和25年)以前より存在する道路
建築基準法第42条第1項第4号 道路法、都市計画法、その他の法令などで事業計画のある道路で、特定行政庁が指定した幅員4メートル以上の道路
建築基準法第42条第1項第5号
(位置指定道路)
道路の位置について特定行政庁の指定を受けたもので、幅員4メートル以上のもの
建築基準法第42条第2項
(2項道路/みなし道路)
建築基準法施行の際に既に建築物が立ち並んでいた幅員が4メートル未満の道で、特定行政庁が指定したもの
建築基準法第43条 但し書き道路 幅員が2メートル未満の道で特定行政庁が指定したもの

再建築不可となるかならないかの分かれ目

Century21スタッフ

道路の幅員が4メートル以上なのか4メートル未満なのか、その道路が公道【国や地方公共団体(都道府県、市町村や特別区)が指定・建設・管理する道路】なのか私道(個人が指定・管理している道路)なのかが再建築不可となるかならないかの分かれ目です。

公道の場合は、大抵建築基準法上の道路と認定をされておりますが、私道の場合は実は認定のされていない「通路」である場合が多く、そうなると再建築不可となってしまいます。

役所調査などを行う、公図・謄本などを見ることにより、その道路の所有者が分かります。

建築基準法の道路の項目と合わせて読んでおきたいコンテンツ

再建築不可とは私道とは私道の注意点私道の税金セットバック

メールで問い合わせ
0120-127-444