再建築不可物件の取り扱い方

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

再建築不可物件の注意点

再建築不可とは、更地後に再建築する事のできない土地(新築の家を建てることができない土地)の事を指します。関東には狭い路地も多く「再建築不可」物件はたくさん存在します。
その理由は物件によっても様々ですが、大半は接道条件の理由により再建築不可となっているケースが多いのが実情です。

しかし、再建築不可だからといって建て替えできないと諦める必要はありません。不動産再生に向けた様々なアプローチ方法があります。まずは、正しい知識を身に付ける事が大切です。
再建築不可物件と長く付き合っていくためには、建て替えできないということを常に念頭に入れ、こまめに修理・修繕・予防対策をしていく必要があります。


よく再建築不可物件をリフォームで新築のように見せる(柱1本を残し、後はすべてリフォームしてしまう)などといった広告を目にする事があります。
確かに建て替えをすることができなくてもリフォームを行うことで新築同様の家に生まれ変わることができるのであれば、再建築不可の家であっても十分にメリットが出るのかもしれません。

しかし、ここで十分に注意して頂きたいことは本来そういったリフォームを行う事はNGであるという事です!

そうなると、リフォームを行う場合にも引き受ける工務店が限られてしまいます。また、接道条件の場合は役所の目が厳しいので、大掛かりな改築・リフォームを行っている場合には必ず指導が行きます。そうなると最悪の場合、リフォームを中止せざるを得なくなるのです。
リフォームを行うにも制限があるとすれば、老朽化している建物の再建をはかることがよりいっそう難しくなってしまいますし、将来の財産として相続させても逆にそれが重荷になってしまうという可能性も考えられます。

そういった将来の事も見据えて、「今のうちに再建築不可物件の売却をしてしまいたい」といったご相談も数多く頂いております。

マーキュリーがあなたに代わって解決します。

再建築不可物件を専門に取り扱っているからこそ、売却時期のタイミングや不動産再生に向けたアプローチ方法など所有者様の考え・意向・現在の状態等を詳しくお伺いし、それぞれに合った最善のプランのご提案ができますよう努めさせて頂きます。

再建築不可物件の取り扱い方と合わせて読んでおきたいコンテンツ

再建築不可とは売買・売却について買取実績・解決事例所有でお困りの方

メールで問い合わせ
0120-127-444