スタッフBlog

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

現地調査 ~池袋編

こんにちは マーキュリー岡田です。

IMG_7870

 

IMG_9440

こちらの物件は賃貸中です。

再建築不可の物件でも、

池袋まで徒歩13分という立地ですので、

賃貸物件として建物を生かすことができます。

 

他にも再建築不可の建物を生かす新しいアイディアを考え中です。

 

現地調査 ~調布編

こんにちは 鈴木です。

本日は業者様からご紹介いただいた物件をみにきております。

調布市の賃貸中マンション(1棟)です。

03

本物件は建築基準法の道路に接しておらず現状では再建築不可となります。

但し再建築不可の物件でも、隣地との協議や役所が規定する条件を整えて

再建築ができるようになる場合があります。

 

再建築不可物件を4種類に分類すると・・・

Ⅰ.建てられないと思っていたが本当は建てられる物件 - レベル1

Ⅱ.頑張れば建てられるようになる物件 - レベル2

Ⅲ.かなり頑張れば建てられるようになる物件 - レベル3

Ⅳ.頑張ってもどうにもならない物件 - (論外)

 

役所調査の感覚では、本物件はレベル3相当なのでかなりハイレベルと言えます。

どんな反応になるかわかりませんが本日の仕入会議にぶつけてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

現地調査 ~三鷹市

こんにちは 岡田です。

本日は三鷹市の再建築不可の物件を見てきました。

「住みたい街」ナンバーワンの吉祥寺を抱える三鷹エリアは、

市部随一の人気住宅地。井の頭恩賜公園など自然が豊富でいいですよね。

 

008

 

今回の物件は、

間口が2.72mなのですが、

前面道路が建築基準法上の道路に認定されていません。

 

近隣の方々と協力して、4mの道路にできればいいのですが・・・

現地調査 ~府中市編

こんにちは 岡田です。

再建築不可のお問い合わせを頂き、物件を見てきました。

SKMBT_C36413091318180_0001

府中駅周辺は伊勢丹等、大型商業施設が集まっていますし、

大国魂神社へとまっすぐに延びるケヤキ通りが魅力的ですよね。

府中市役所での調査も行ってきました。

(☆お問い合わせを頂いてから、相談者様の許可をもらい現地調査、役所調査を行います。

調査後すぐに相談者様へ結果をお伝えしています。)

 

こちらの物件は、

■間口を実際に測ると1.8m

■測量図では2m

■通路部分を3名で所有している

という条件ですが、何点か要件をクリアすれば建築が可能とのことでした!

 

このように再建築不可だと思っていても、

調査を行ってみると建築が可能だったというケースもございます。

お気軽にご相談ください。

現地調査 ~西東京編

こんにちは、鈴木です。

本日は業者さんからご紹介いただいた西東京市の物件をご紹介させていただきます。

※プライバシー保護のため、画像の一部を加工しております。

P1040425-150x150[1]

写真画面中央の砂利道が本物件の敷地の一部です。

路地状敷地になっています。

写真では隠れて見えないのですが、奥には100坪近い敷地が広がっています。

P1040433 - コピー - コピー

接道間口が約1.8mとなり、こちらも再建築不可です。

駅からのアクセスも良くこれほどの広さがありながらも有効利用が難しい状況になっているそうです。

 

なお、路地上敷地の特徴として以下のような制限があるのをご存知でしょうか。

・路地状部分の長さが20mを越える場合、必要な幅員は3m以上。

・耐火、準耐火建築物の場合、階数は3階以下。

・共同住宅は建築できません、長屋は建築可能。

 

以上は、東京都安全条例に定められています。

 

おわり

 

 

 

メールで問い合わせ
0120-127-444