スタッフBlog

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

現地調査 ~杉並区編

こんにちは 営業部の鈴木です。

お客様からお問い合わせを頂いた杉並区の物件を見にきております。

普段、間口2mに満たない旗竿地や、敷地に接している道路が建築基準法上の道路ではない

という未接道の物件のお問い合わせを比較的よくいただきますが、本物件はなかでも珍しい

袋地の物件です。

 

こちらの通路を通っていきます。

DSC01936

この通路は、隣接するお宅の敷地とのことです。

通路正面のお家が対象地です。

 

土地の分割等によって、はじめは道路に通じていた敷地がいつの間にか袋地に・・・

なんてことが実際にあるそうですが、囲まれてしまった方はびっくりですね。

土地を分割する時には気を付けたいものです。

 

おわり。

 

 

 

 

 

現地調査 ~三鷹市編

こんにちは 鈴木です。

業者様から三鷹市内の再建築不可物件をご紹介頂きました。

???????????????????????????????

 

築年数は経過していますが現状の建物をリフォームして活かせれば、

賃貸物件として人に貸すこともできるので、もし建て替えられる可能性が0に近い物件でも

弊社では買取をさせていただきます!

 

 

 

 

 

現地調査 ~世田谷区編

こんにちは 岡田です。

世田谷区の再建築不可物件を見てきました。

 

???????????????????????????????

 

敷地の路地状部分の長さが22mの物件です。

路地状部分の長さが20mを超えると、幅員が3m以下の場合建替えができません。

これは東京都建築安全条例で定められています。

 

ただし、安全上支障がないと認められれば建て替えができるケースがございます!

 

世田谷区では救済処置として路地状長さの10分の1以上の幅員があれば、

建て替えのできるケースがあるようです。

 

今回の物件は幅員が3mに満たしていませんが、2.2mあれば建て替えができたかもしれません。

 

建替えを行う為の条件は、場所や環境によって異なるので、まずはマーキュリーにご相談下さい!

 

現地調査 ~市川編

マーキュリー営業部の鈴木です。

本日はJR総武線市川駅近くの再建築不可物件の現地調査にやって来ました。

???????????????????????????????

右奥の黄色線部分が当該地です。

一見どこにでもありそうな住宅地の袋小路風景ですが、写真中央の道路が建築基準法に

定める道路ではない為、当該地を含む合計6軒が再建築できないという悲惨な状況です。

 

所有者様自ら市役所に足を運び建替えができる方法がないか聞いていらしたそうですが、

個人では埓があかない状況だったため、マーキュリーにご相談くださいました。

 

お客様に代わり役所調査を行った結果、建替えができる可能性はあるものの、いくつかの

難しい条件をクリアしなければならない事などがわかりました。

条件をクリアするためには想像もつかない時間と労力が必要になることは確かなようです。

 

個人では解決することが難しい案件も是非ご相談ください。

再建築不可物件を専門に扱っているマーキュリーのスタッフが無料にて調査のお手伝いを

させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールで問い合わせ
0120-127-444