スタッフBlog

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

現地調査 ~杉並区編

こんにちは 営業部の鈴木です。

お客様からお問い合わせを頂いた杉並区の物件を見にきております。

普段、間口2mに満たない旗竿地や、敷地に接している道路が建築基準法上の道路ではない

という未接道の物件のお問い合わせを比較的よくいただきますが、本物件はなかでも珍しい

袋地の物件です。

 

こちらの通路を通っていきます。

DSC01936

この通路は、隣接するお宅の敷地とのことです。

通路正面のお家が対象地です。

 

土地の分割等によって、はじめは道路に通じていた敷地がいつの間にか袋地に・・・

なんてことが実際にあるそうですが、囲まれてしまった方はびっくりですね。

土地を分割する時には気を付けたいものです。

 

おわり。

 

 

 

 

 

現地調査 ~さいたま市《中央区》編

こんにちは、鈴木です。

先日お客様からお問い合わせ頂き、さいたま市内のご自宅の内覧にお伺いしました。

こちらが物件の入口になります。

blog用 (2)

※現在居住中の為近隣建物を含む画像の一部を修正しております。

 

本物件は建築基準法に定める道路に幅員2m以上接しておらず、原則再建築ができませんが、救済措置として地方自治体が定める「建築基準法第43条第1項ただし書き」の基準に基づいて建築が行われているとの事です。弊社では一括りに「但し書き」と呼んでいます。自治体によって基準は異なりますが、将来的に道路幅員4m以上確保できることや、最低でも1.8mの現況幅員が確保されている事などが但し書きの利用条件となります。

blog用

 

【43条但し書き豆知識 (ノo´・∀・)ノ】

●市区町村によって様々な規制があるようです。23区内でも一様ではありません。

●将来、但し書きに定められた道路幅員を確保する為、但し書き道路に接する利害関係者は協定書を取り交わして役所に提出しています。内容は、次回建替えの際に敷地のセットバックを行う事を約するものです。

●弊社では東京23区のうち16区ぶんの「但し書き許可基準」のパンフレットが揃いました。役所でもらえます★

現地調査 ~板橋《小竹向原》編


こんにちは 株式会社マーキュリー山口です。

お問い合わせを頂きました「小竹向原」駅徒歩約10分の物件調査を行いました。

「小竹向原」駅は有楽町線に加え副都心線の急行も停まることで、交通利便性が向上。

現役世代の第一次取得層からの問い合わせも増えている傾向にあります。

今回の物件は、建物の前面に接する道路が建築基準法上の道路に認定されていない事で、「再建築不可」となります。

《建築基準法とは》 昭和25年5月に定められた建築に関する法律となります。

目的 この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、

もつて公共の福祉の増進に資することを目的にする。 だそうです。。

今回は、この当時に道路として認定をうけていない通路に接する建物となり = 「再建築不可」となります。

区役所などで、建築する為に必要な「道路種別」は確認することが出来ます。

 

メールで問い合わせ
0120-127-444