スタッフBlog

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

物件調査 ~市川市編

こんにちは マーキュリーの新井です!

今回は、本八幡駅周辺の再建築不可物件を調査致しました!

最近色々な所へ物件の調査へ行くと、たくさんの空き家を目にします…

その中でも深刻な問題が再建築不可の、古い空き家です。
現行の建築基準法施行以前に建てられ、再建築が認められない土地になっているケースがあります。
再建築できないのですから、解体してしまうと宅地としての用を足さず、放置するしかなくなっている空き家が存在します。

私共はそのような再建築不可の物件も買取りいたします!!

売れるのか心配な方やどうしたらいいのかわからない方、一度ご相談下さい!

物件調査 ~習志野市編

こんにちは 営業部の鈴木です。

こちらは査定依頼をいただいている習志野市の物件です。

036

習志野市は首都圏のベッドタウンとして高度経済成長期に人口が急増し

昭和25年当時2万人だった人口は平成22年に15万人を超えました。

そして近年ふたたび人口は増加傾向にございます。

千葉県の市町村人口ランキングでは、浦安市についで10位。

再建築不可の建物をリフォームして賃貸する場合、都市の人口がすくないと

借り手もすくないという現実があります。

 

ふなっしーに負けないゆるキャラ登場でさらなる人口増加を期待します!

ちなみにこちらが習志野市のゆるキャラ「きらっとくん」です。(※ネットより転載)

1465_650_

び、びみょー!!

 

現地調査 ~柏市《柏の葉キャンパス》編

こんにちは、営業部の鈴木です。

本日は柏の葉キャンパス徒歩圏内の再建築不可物件の現地調査に来ています。

つくばエクスプレス『柏の葉キャンパス』駅は、2006年にららぽーとがオープンして以来

駅前の開発が進み、休日ともなると人々でごった返す人気ぶりとのことです。

 

歩くこと約20分、こちらが物件です。

???????????????????????????????

路地奥に広がる敷地の上に建物が建っており、いわゆる「路地状敷地」の形状を有しています。

東京都の場合、路地上部分が20メートルを越える場合は3メートル以上の間口が必要!という

厳しいルールがありますが、柏市の場合ですと、特殊建築物に該当しない建物であれば路地状

部分が何メートル伸びていても、接道間口は2メートルでOKなのだそうです!

3メートルなら完全にアウトでも、ルールが優しいと、少しは夢が持てますね☆

 

 

現地調査 ~市川編

マーキュリー営業部の鈴木です。

本日はJR総武線市川駅近くの再建築不可物件の現地調査にやって来ました。

???????????????????????????????

右奥の黄色線部分が当該地です。

一見どこにでもありそうな住宅地の袋小路風景ですが、写真中央の道路が建築基準法に

定める道路ではない為、当該地を含む合計6軒が再建築できないという悲惨な状況です。

 

所有者様自ら市役所に足を運び建替えができる方法がないか聞いていらしたそうですが、

個人では埓があかない状況だったため、マーキュリーにご相談くださいました。

 

お客様に代わり役所調査を行った結果、建替えができる可能性はあるものの、いくつかの

難しい条件をクリアしなければならない事などがわかりました。

条件をクリアするためには想像もつかない時間と労力が必要になることは確かなようです。

 

個人では解決することが難しい案件も是非ご相談ください。

再建築不可物件を専門に扱っているマーキュリーのスタッフが無料にて調査のお手伝いを

させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地調査 ~千葉編

こんにちは マーキュリー鈴木です。

本日は不動産業者様からのご紹介で千葉県某所に物件を見にきております。

駅近で住環境も優れていますが、接道間口約1.8mのため再建築不可です。

近隣の方に怪しい者だと思われない様いつも、現地調査は素早くさりげなく

迅速にその場を去ることを心がけているのですが、隣接するお宅の窓際に

先ほどから男性が仁王立ちしており、写真を取り辛い状況です。

クーラーにあたり過ぎたため日光浴に切り替えられたのかもしれません。

 

 

P.S.

街区を一周りした後再び見にくると、居なくなっていました。

 

 

 

メールで問い合わせ
0120-127-444