建築基準法とは

再建築不可物件の解決法見つけます。お気軽にご相談下さい。

建築基準法とは

建築基準法とは、国民の生命、健康、財産を守るため。また、建築物の敷地、周囲の環境などに関する必要な基準が定められた法律です。


国民の生命・財産を守るためというのは、地震や火災等による家の倒壊を防ぐために耐震基準であったり、耐火性の資材を使用する等を定めています。
健康を守るためとは、居室の採光、換気、給排水・衛生設備などに関することが挙げられます。

建築物の敷地・周囲の環境に関してというのは、一定の道路幅に接するよう定められている、用途地域が定められそれに伴う建物しか建てられない、建ぺい・容積率・日影規制等が定められていることです。


建築基準法はどんどん変わっていきます。現行法に適している物件であってもいつ再建築不可や既存不適格物件になるかわかりません。

建築基準法の道路について

建築基準法の道路とは、一般的に言われる公道の事を言います。道路にも種類があるので、そのご説明をします。

>> 建築基準法の道路について

建築基準法とは?の項目と合わせて読んでおきたいコンテンツ

私道とは既存不適格囲繞地(袋地)私道の注意点

メールで問い合わせ
0120-127-444