お役立ち情報

再建築不可

再建築不可でお困りの方

再建築不可でお困りの方へ

再建築ができない理由

再建築不可とは? の項目でも触れましたが、家を建て替えるにはその土地が建築基準法で定められた道路に2メートル以上接している必要があります。簡単なことではありませんが、逆に言うと2メートル以上接していれば建て替えができるという事です。

接道間口が2m以下の場合

代表的な事例で見てみます。
敷延路地の幅員が1.8メートルで公道に接しているが2メートル以下の為、再建築不可となってしまうケースです。

敷地延長部分が1.8mの場合は建て替えが出来ません。そのため隣地A部分(白抜き部分)を購入し、敷地延長部分の幅が2m確保できるようになると建て替えが可能となります。
図1のように敷地延長部分が1.8mの場合は建て替えが出来ません。そのため隣地A部分(白抜き部分)を購入し、敷地延長部分の幅が2m確保できるようになると建て替えが可能となります。

隣地Aもしくは隣地Bの部分を購入(白抜き部分)した場合、道路接道部分が2mを満たしていても、敷地延長部分から宅地に入る部分も2m以上ないと建て替えが不可(再建築不可)となります。簡単に言うと、接道部分から直径2mの球体をころがして宅地部分に入らないと建て替えが不可ということです。
図2のように隣地Aもしくは隣地Bの部分を購入(白抜き部分)した場合、道路接道部分が2mを満たしていても、敷地延長部分から宅地に入る部分も2m以上ないと建て替えが不可(再建築不可)となります。簡単に言うと、接道部分から直径2mの球体をころがして宅地部分に入らないと建て替えが不可ということです。

接道間口が2m以上でも前面道路が建築基準法の道路ではない場合

建物が建っている土地の間口が2m以上接している場合でも、前面道路が建築基準法第42条に規定する道路ではない場合、AもBも対象地も建て替えが不可(再建築不可)となります
図3のように建物が建っている土地の間口が2m以上接している場合でも、前面道路が建築基準法第42条に規定する道路ではない場合、AもBも対象地も建て替えが不可(再建築不可)となります。

再建築不可でお困りの方への項目と合わせて読んでおきたいコンテンツ

売買・売却・事例買取査定のポイント旗竿地・敷延(不整形地)

無料で電話・メール相談

電話番号0120-127-444

不動産仲介業者様へ

 

無料相談受け付け中!
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら


(9:30〜20:00まで)

メールやパソコンが苦手な方はお電話でご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら

お忙しい方や電話が苦手な方はメールでご相談ください
メールは24時間受付中です