お役立ち情報

建築基準法

建築基準法の画像

建築基準法とは

建築基準法とは

建築基準法とは、国民の生命、健康、財産を守るため。また、建築物の敷地、周囲の環境などに関する必要な基準が定められた法律です。

国民の生命・財産を守るためというのは、地震や火災等による家の倒壊を防ぐために耐震基準であったり、耐火性の資材を使用する等を定めています。
健康を守るためとは、居室の採光、換気、給排水・衛生設備などに関することが挙げられます。

建築物の敷地・周囲の環境に関してというのは、一定の道路幅に接するよう定められている、用途地域が定められそれに伴う建物しか建てられない、建ぺい・容積率・日影規制等が定められていることです。

建築基準法はどんどん変わっていきます。現行法に適している物件であってもいつ再建築不可や既存不適格物件になるかわかりません。

建築基準法の道路について

建築基準法の道路とは、一般的に言われる公道の事を言います。道路にも種類があるので、そのご説明をします。

>> 建築基準法の道路について

建築基準法とは?の項目と合わせて読んでおきたいコンテンツ

建築基準法の道路私道とは既存不適格囲繞地(袋地) |

無料で電話・メール相談

電話番号0120-127-444

不動産仲介業者様へ

 

無料相談受け付け中!
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら


(9:30〜20:00まで)

メールやパソコンが苦手な方はお電話でご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら

お忙しい方や電話が苦手な方はメールでご相談ください
メールは24時間受付中です